ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> 素材のよさを生かしたアート作品

素材のよさを生かしたアート作品

アート作品を作るという事において、それらの素材を生かすという事はとても大切な物なのではないでしょうか。

基本的にアートというのは材質に注目されることがあります。

最終的にはどんな作品を作り上げるのかという所が重要な点になるのかもしれませんが、そればかりではなく人に見てもらう前に自分がどういった物を利用し、作るのかという事が大切です。

時には木材のように一般的な工作でも用いられる物を利用する事もあれば、ダンボールのように脆くそれでも身近にあるような物を利用する場合もあります。

何に関しても、それらの作品を作って行くという上では自分なりに材質に注目し、それらを上手く使うという事が大切だという事です。

ダンボールごときでどんなアート作品が生まれるって言うんだ、などと考える人も居るかもしれません。

ですがそうやって一般的な目線に囚われすぎてしまえば、それらは生まれ変わる事が出来ないのです。

まずは手身近な物から利用するにしても、それらを利用した面白い作品を作り上げるためには、意外性も兼ね備えて遊んでみることをお勧めしたいと思います。

そこから見える新たな発見などもあるかもしれません。

そういう些細な発見が出来てこそ、自分の手で誰かの目を惹くようなものが作れるきっかけになるはずです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。