ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> 子供とダンボール

子供とダンボール

アートとは、芸術や美術のことを指します。

ダンボールで作るアートとなると、あなたは何を連想しますか?

意外に知られていないのが、ダンボールアートの世界です。

子供がダンボールにお絵描きをするのもアートの世界に入るかもしれないです。

つまり、芸術だと思えば何でもアートになってしまうのです。

でも、ダンボールで本格的にアートを作っている人もいるのです。

例えば、ロボットやテーブル・本箱や食器棚などそれこそアートではないでしょうか。

その他にも色々なものをダンボールを素材にして作っています。

子供が良くやる遊びには、電車ごっこがあります。

ダンボールに窓を書き電車に見立てて部屋中を走り回るのはまるで電車の運転手にでもなったようです。

ダンボールが配送や運搬だけに使われるのは、想像が足りないのかもしれません。

子供は、想像豊かに色々なことに挑戦します。

まさか、ダンボールでこんな物まで作ってしまうとは、と驚いたこともあると思います。

それほど、子供には無限の力が備わっていると言うことの現れではないでしょうか。

しかし、ダンボールを止めている金具などは使う前に外しておいたほうがいいでしょう。

その金具でケガをしたのでは、大変です。

子供の身体は柔らかいので、金属製で出来ているものなら凶器になってしまいます。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。