ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> ダンボールでつくる人形

ダンボールでつくる人形

ダンボールで手作り人形を作ってみましょう。手作りの人形といってもダンボールを形に切って絵を描くだけの簡単なものから、実物大の本当の銅像のように思えるような人形まで、大きさも、仕上がり具合も様々です。3歳くらいの子供であれば、ダンボールを切ってきれいな紙を貼り付けていくだけでも興味を持ってつくってくれるでしょう。子供の考える力を養う意味でも、完成された市販のおもちゃを買い与えることを少し我慢して、親子で工作を楽しむ時間を作りましょう。
ダンボールで作る人形は女の子ならかわいい人形がたくさんありますが、特にひな人形は季節の行事でもあり、ダンボールで工作するきっかけにはよいでしょう。小さな子供ではダンボールを用意し、ひな人形の形に切って色をつけていくだけです。切り抜くためのカッターやはさみ、接着剤(ノリ)を用意しましょう。絵を描く代わりに飾り付けに使うとちょっと豪華になります。2歳くらいの子供は絵を描くことを中心にして、ダンボールを切断するのはお母さんの役目になります。ダンボールに下絵を描いた方がうまく切り取ることができます。少し大きくなれば、ハサミやカッターの使い方を学ぶよい機会になるので、3歳くらいになったらできるだけ自分で切らせることにしましょう。最初はゆっくりでうまく切り取ることができませんが、子供に任せてやるのがコツ。ダンボールなので、大きな失敗があってもすぐに作り直すことができます。
ダンボールでお雛様を作って、近くの川で流すのもいいでしょう。流し雛の風習がある地域では伝統行事を学ぶ機会にもなります。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。