ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> ダンボールで子供の創造力を伸ばそう

ダンボールで子供の創造力を伸ばそう

ダンボールは子供の格好の遊び道具になります。夏休みの工作で親子で何かを作った経験のある人は多いはず。手軽に手に入れることができて、何にでも変化することができるダンボールは子供の成長にとてもよい影響を与えてく入れます。昔は野球のベースもダンボールを切って作り、木の棒で野球を楽しんでいた時代もあったようです。紙相撲をする人も今では少なくなりましたが、土俵になるのはやはりダンボールです。どんなときにもダンボールは子供のそばにあって、子供の想像力を引き出してくれる材料であったのです。
今はカラフルなおもちゃや、電気仕掛けのおもちゃ、テレビのキャラクターが使う武器を模したおもちゃなど、精巧にできたものがたくさん出回るようになってきました。ゲームもテレビの前で熱中していたのは昔の話、今では携帯型のゲーム機とネットを使って多人数で遊ぶことが可能になっています。このようなことでは、創造力が十分に引き出せないまま大人になってしまい、研究開発などの分野で世界に後れをとってしまうのではないかと危惧する声も出ています。今、私たちは原点に立ち止まって考えてみる必要がありそうです。不景気だから、あえて子供に高価なおもちゃを買い与えることなどないのです。スーパーで拾ってきたダンボールを大人と一緒に工作するだけで、後はハサミとのりを準備するだけです。親はできた作品をそれをほめてやり、創造力を伸ばす手助けをしてあげれば良いのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。