ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> ダンボールで描く夢

ダンボールで描く夢

ダンボールはどんなものでもつくることができます。小さい子供ならダンボールでつくったおもちゃを使って楽しく遊ぶことができるでしょう。ダンボールは子供にいろんな夢を見させてくれる魔法のようなツールです。子供の頃なら誰でも経験したことのある「ごっこ遊び」。なりきる主人公は変わっても遊びの基本は変わりません。ダンボールでつくった刀や変身ベルト、魔法の杖などを片手にヒーローやヒロインになりきっての活躍は一度はやってみたい、あるいはやったことがあるという人がほとんどでしょう。ダンボールなら実際に切りつけるなどしてもケガはしませんし、適当に痛いので、子供にとってはどういうことをしてはいけないか、自然とルールとして学ぶのに役立ちます。
ダンボールで夢を実現するのは子供だけではありません。例えば車の開発にも用いられます。車の開発のなかで、売れ行きを左右するものの一つに車体のデザインがあります。車を購入する人は「走り」、「燃費」、「かっこよさ」などを基準に考えます。その要素を満たすために車体デザインはかなり重要です。車の開発では、車体デザインに合うように部品をつくっていかなくてはなりませんので、全体のイメージを共有しておく必要があります。最初にデザインするにはダンボールが一番簡単にでき、修正も容易なので、とてもよい材料となります。ダンボールの使用で金型をつくる手間が省け、開発期間も短縮が可能となっています。ダンボールは製造業の至上命題であるコスト削減と開発期間の短縮に大きく役立っているのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。