ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> ダンボールと芸術

ダンボールと芸術

ダンボールは基本的にものを梱包する材料なので、芸術とは全く関係のないものだと考えがちです。しかし、このダンボールに思いを寄せ、いろんな作品を生み出そうとしている人は結構いるのです。その人たちの思いは様々で、ダンボールがたまたま自分が表現したい作品を作るために最適な材料であった人もいれば、使い古しのダンボールが捨てられていくのを黙ってみてはいられず、ゴミ問題として世界に訴えたいという思いから、ダンボールの芸術にのめりこんでいった人もいます。
ダンボールで芸術品をつくろうと考えている人は身の回りにはあまりみかけないかもしれません。それは大量消費時代のツケといえるかもしれません。使い古しよりも新しいものの方がきれいで、自由に色づけもできます。一般的にダンボールに対して印象が悪いことも影響しているかもしれないですね。そのような環境では、紙の博物館というのはほとんどが和紙など伝統工芸に関わる展示が多く、ダンボールの展示というのはほとんどなく、イベントとしてたまに開催されるくらいです。このような状況では、ダンボールの芸術が生まれるということがなかなか困難であるとわかっていただけるでしょう。現在の日本では、ダンボールをこよなく愛する人たちが、個人的に体験教室などを開いてダンボール芸術の普及に当たっているというのが現状です。それでも高度に洗練されたダンボールのアートに触れることから、未来の発展があるのは確かです。インターネットでも調べることができるので、近くの人はぜひ体験して欲しいものです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。