ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの芸術家 >> ダンボールに使う絵の具

ダンボールに使う絵の具

ダンボールに絵を描くときに使う絵の具はアクリル絵の具を使う事が多いと思いますが、注意する点もいくつかあります。まず、アクリル絵の具はすぐ固まるので、その都度少量を出して使いきるようにします。パレットは画材店で売っているラミネート加工された紙パレットや水パレットを使うようにします。アクリル絵の具はこまめにキャップをするようにし、口まわりが汚れた場合にはすぐに拭き取ってからフタをしましょう。
ダンボールに絵を描くときにはローラーも便利ですが、固まるのが早いので、筆を使って描くことも多いかと思います。しかし、素早く固まってしまうことにかわりはないので、筆に絵の具をつけたまま放置するのは厳禁です。使っている途中でも少し休む場合には筆洗いの中にチャポンとつけるクセをつけておくと良いかもしれません。
アクリル絵の具といっても、半透明や不透明、ざらっとしたガッシュなど種類があり、いろんな風合いが楽しめます。最初の頃はあまり深く考えず、好きな色を選んで楽しんだ方がいいかなと思います。 ダンボールに絵を描く場合には、あまり粘りけのない、ソフトタイプを用いた方が良いでしょう。粘りの強いレギュラータイプの場合は薄めて使った方が書きやすいでしょう。画材店で購入する場合に、色の名前はたくさんあって迷うと思います。ダンボールは薄い茶色をしていますから、白いキャンバスに描くのとは少し色が違ってきます。実際に使ってみて試してみるのが一番良いでしょう。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。