ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> ダンボールで作るフォトフレーム

ダンボールで作るフォトフレーム

ではまず、手始めにダンボールで"フォトフレーム"を作ってみませんか。

初めに、入れたいサイズの絵や写真に合わせてダンボールで敷板を作っておき、次にフレームを作るために敷板の縦のサイズ×3cm程度の細いダンボールを4枚位貼り合わせてぶ厚いダンボール板を作り、それを5mm位の幅にスライスしたものを4枚用意します。

それぞれを敷板のサイズに合わせ、先を45°にとがらせて組み合わせればフレームの出来上がりで、ここではダンボールの中芯の波状の部分が見える面を正面に向けて仕上げます。

自分の描いた絵を入れたり、お気に入りの写真を入れて飾るとお部屋の雰囲気が温かくなってきますが、
かわいいフォトフレームができると、今度は逆に「もっとうまい絵を描きたい」、「もっといい写真を撮りたい」など、趣味の世界への興味もどんどん深まって行きそうです。

欲しい時に欲しいだけ、自分の好みにぴったりのものを作ることができるので、お子さんのいる家庭ではかわいい表情の写真を拡大して入れておじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするときっと喜ばれます。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。