ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> クラフト色に映える色

クラフト色に映える色

あらゆる色を引き立てることのできる性質をもつダンボールの"クラフト色"は、言いかえれば何色とも相性の良い色で、インクや絵の具などによる彩色だけでなくリボンなどの他の小物との色の組み合わせを楽しむこともできます。

たとえば色相が同じで明度や彩度の違う濃い目の茶色などの"同系色を組み合わせたパターン"では、落ち着きと上品さを表現することができますし、色相が近い黄色や赤系の"類似色を組み合わせたパターン"では、色のイメージが近いのでまとまりやすく穏やかなイメージを表現することができます。

色相を体系的に環状にして表した"色相環"で、対称的な位置にある青系の"反対色を組み合わせたパターン"では、強い個性的な印象で目を引きます。

また、同系色でまとめて単調なイメージになりすぎてしまった場合にはアクセントカラーとして類似色や反対色を少量加えることによって、落ち着きや上品さに個性をプラスすることができますし、クラフト色の上に赤と緑といった反対色同士をのせても活き活きとした元気なイメージを表現することができます。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。