ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> ダンボールのもつ意外性

ダンボールのもつ意外性

私たちが、ダンボールに創作意欲をかきたてられる理由はまだまだあります。

そしてその1つ目は、ダンボールのもつ"意外性"です。

私たちがダンボールアートの作品の数々を見て感動した時のあの「え~!」という気持ちは、まさにこのダンボールのもつ"意外性"に対してです。

「いつも捨てるしかないと思っていたあのダンボールから、こんな作品ができるなんて......!」などと、素材が素材だけにその変身ぶりには思わず舌を巻いてしまいますね。

ダンボールは"リサイクルの優等生"で、市場で利用されたものの約98%が回収されて再び新しいダンボールの原料となっていますが、その前にこのような私たちをワクワクさせてくれるような"ダンボールアートの世界の主役"として活躍することもできます。

つまり、梱包材や緩衝材として荷物を守る役割とは全く異なる役割を演じることもできるのです。

よく、家事をこまめにこなすおとなしくて女らしいタイプの女性が、会社ではバリバリ仕事ができるキャリアウーマンであったりするとその魅力が倍増するのと同様に、"意外性"というのは魅力に通じるものがあります。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。