ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> デジタル思考

デジタル思考

"デジタル"と言えば、私たちの生活に初めてパソコンが登場し、インターネットがつながった時の感動はすごいものでした。

また、携帯電話が登場してきた時は、友達や家族に簡単にしかも一瞬でコンタクトをとることができるすごさに感激して、虜になったものです。

これらのデジタル機器は今ではすっかり当たり前のようになって、携帯電話で音楽を聞いたりテレビを見たり、インターネットをしたり、ゲームをしたりと電話やメール以外にもさまざまな機能までついて、「これでもか!」というほど次から次へと私たちに刺激を与えてくれます。

これらによって私たちをとりまく環境は一気に進歩し、今ではパソコンや携帯電話などのない生活は考えられないほどになりました。

ところが「パソコンや携帯電話などのデジタル機器への過度の依存は、人間性の希薄化につながる......」と、デジタル機器への依存が"デジタル思考"を助長することを警告する人もいます。

"デジタル思考"というのは、かいつまんで言えば物事を論理的に客観的に見る姿勢で、"アナログ思考"同様に私たちが備えておきたい思考方法の1つです。

そして"デジタル思考"が悪くて"アナログ思考"が良いというように思われがちですが、大切なのは両者のバランスなのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。