ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> ダンボールアートとクラフト

ダンボールアートとクラフト

ダンボールアートといえば、クラフト的なものを思い浮かべる方も多いでしょう。

家具や雑貨などはその代表的なものです。

衣装箱を作る、棚を作るといったことにダンボールアートのテクニックを使おうと考える方も多いでしょう。

ダンボールは強度がありますから、きちんとした設計さえすれば、相当丈夫な棚なども作ることができます。

こうした制作物はアートとは呼べないかもしれませんが、十分に実用に耐えるものを自分で作り、自分で生活に役立てるのはとても楽しいことといえるでしょう。

家具なども、基本的な作り方は先に述べたのと同じです。

まずは設計の元になる絵を描き、次にどのような部品で組み立てられるかを検討します。

そしてそれぞれの部品を作ってから組み上げていきます。

このとき、強度については十分に検討しましょう。

中にものを入れる場合には尚更です。

さらに家具などの場合には、水平にもよく注意する必要があります。

足に当たる部分は、ある程度の期間、まっすぐに立っていられるのに十分な強度を持たさなければなりません。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。