ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートを知る >> クラフト的なものの素材

クラフト的なものの素材

ダンボールアートが持つ芸術性とは別にいわゆるクラフト的なものの素材としてダンボールを用いるものもダンボールアートと呼ばれます。

これは厳密にはアートとは呼べないかもしれませんが、例えば、非常に精巧にできた家具がその機能と共に、芸術的価値を持つように、ダンボールアートも、その機能性を極めた美しさや作品の持つ暖かさなどからダンボールアートと呼ばれてもおかしくないものがあります。

あるいは単純にダンボールを素材としたものづくりの結果をダンボールアートと呼ぶ場合もあるようです。

そのような場合には、子供の工作もダンボールアートと呼ばれる場合がありますし、ダンボールを活用して日用品を作る場合にも、その試みやできあがった作品を指してダンボールアートと呼ばれる場合も多いようです。

むしろ、一般的には、ダンボールアートといえば、誰もが手軽に作れる工作などのようなものを指す場合も多いでしょう。

照明や家具、あるいは子供が自由に作った工作などもダンボールアートの一員といえるでしょう。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。