ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの材料 >> ダンボールの構造

ダンボールの構造

ダンボールを一度じっくりと観察してみましょう。

すると、ダンボールが一枚の紙でできているのではないということがわかります。

ダンボールを良く見ると、一枚の厚紙ではなく、表の紙、中の芯になっている紙、裏の紙の3枚の紙でできていることがわかります。

この構造がダンボールを丈夫でかつ、弾力性があり、保温性にも優れ、中のものを保護するという優れたものにしている秘密なのです。

そしてダンボールを構成する、この3枚の紙の紙質や材質を変えることによって、様々なダンボールを無限に作ることができるわけです。

ただし、ダンボールには規格があり、一般に、中芯の波の高さが5ミリのものがA段、3ミリのものはB段と呼ばれています。

さらにA段とB段を貼り合わせ、二重の5枚構造にしたダンボールもあり、このダンボールはダブルフルートと呼ばれています。

厚紙の場合には、その紙の厚さが厚いほど丈夫な厚紙になります。

しかし、ダンボールの場合には、一概にそうとは言えません。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。