ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートの世界について

ダンボールアートの世界について

ダンボールアートの世界について

ダンボールの材質の選定はとても難しく、扱われ方や中身の特性を考え出すと、とても頭を悩ますところです。

物を収納するのにぴったりのダンボールですが、いざ欲しいサイズのダンボールを見つけようと思っても、なかなか見つける事ができなかったりするのです。

回収して、再生紙にしてダンボールにする手間をなくすこのリサイクルダンボールが、これからはもっと活発に利用されているようです。

そんな時に便利なのが、オーダーメイドのダンボールの存在なのです。

オーダーメイドのダンボールでは、自分が好きなサイズ、自分が好きなロゴや文字の印刷、印刷を全くしないダンボール、メール便などにぴったりな、タトウ式ダンボール、ダンボールでできた板などを作る事ができるのです。

ダンボールの原料のほとんどが、使用済みの紙から出来ているようです。

ダンボールは他の紙製品に比べて、この故紙が非常に多く含まれているようです。

数十枚程度から作ることが可能ですので、少ない枚数だけど、自分が欲しいサイズのダンボールが欲しいと考えている人にもお勧めになっているのです。

どんなダンボールを作ることができるかと言うと、引越しの際、パソコンなどを入れるダンボールや機械を発送する時に便利なクッション性がついたダンボール、ワンタッチで組み立てる事が可能な、ガムテープがいらないダンボールなどを作る事ができるのです。

リサイクルするときは、エアコンや冷蔵庫に含まれる冷媒フロンを併せて回収し、破壊するようです。

軽くて丈夫なダンボールは収納にもぴったりですので、収納にぴったりなダンボールが欲しいという場合はオーダーメイドでダンボールを作ってみては如何なのです。

ダンボールの中でも、カラーダンボールという種類のものが人気を集めているのを知っているでしょうか。

家電リサイクル法の円滑な運用のためには、小売店による収集・運搬、メーカーによるリサイクル及び消費者による費用負担といった、それぞれの役割分担が必要不可欠になっているのです。

カラーダンボールというのは、一般的に良く見かける茶色のダンボールではなく、カラフルな色がついたダンボールの事で、梱包をより美しくしたい、オリジナルのダンボールで商品を発送したいと思った時に便利なものなのです。

リサイクル料金は、シュレッダーダストの重量やエアバックの数などにより算出されるため、車種によって異なる金額になっているようです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。