ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> どんな作業が必要か

どんな作業が必要か

ダンボールアートの世界 作業

一緒にダンボールを切って、色を塗って日曜日の午後にでも、そんな作業を楽しんでみてはどうでしょうか?ダンボールは地球を決して汚すことなく、大切な資源を繰り返し使用できるという素晴らしい包装材であり、国民の日常を大きく支える、なくてはならないものといえるようです。

子供だけでなく、大人も夢中になってしまいそうなダンボールのおもちゃ作りなのです。

ぜひ体験してみるようにしましょう。

荷物を梱包するだけの存在と思われがちのダンボールですが、実はダンボールで作ったおもちゃというものがあるのをしっているでしょうか。

業界では、ダンボールシートは板と呼ぶのが一般呼称なのかもしれないと思うのです。

比較的重く、硬い内容品の包装に適し、缶詰やビン詰め類の包装に多く使われているようです。

子供のおもちゃを販売するインターネットのオンラインショップでは、ダンボールで作ったおもちゃやグッズなどがたくさん販売されているのです。

例えば、ダンボールで出来たテーブルと椅子なのです。

ダンボールは、外部の衝撃から商品を守る優れた緩衝性と内容品の紛失や異物混入を防止する機密性があるため、目的地まで商品を安全に届けることができるのです。

子供はすぐに落書きなどをして机や椅子を汚してしまうものなのです。

でもダンボールでできた机や椅子なら、どんなに汚しても気にならないのです。

ダンボール箱は、主として輸送包装に使用されるため、輸送・保管中に起こる様々な障害から商品を保護することを第一として、ダンボールの持つ特性を十分把握した上で包装設計を行わなければならないようです。

それどころか、落書きを模様として、オリジナルデザインの机&椅子を作ることも可能ではないかと思います。

また、ダンボールで作ったおもちゃボックスやダンボールの家、お城なども販売されているのです。

ダンボールを横から見たときにナミナミした模様を表と裏から挟んでいる紙の部分をライナーと呼ぶそうです。

この様なおもちゃを購入するととても高いのですが、ダンボール製なら数千円で購入することができるのです。

ダンボール製のおもちゃなら安全性も確かなのですし、壊してもすぐに修繕することができるのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。