ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートの形

ダンボールアートの形

ダンボールアートの世界 形

ダンボールへの再生だけでなく、緩衝材や型紙などへの再利用も積極的に行われているのです。

ダンボール箱が弱くなっている場合は補強のためテープをH字型に貼り、割れ物は入れないようにしてください。

底に車輪がついていれば、さらに使い勝手が良いと思うのです。

ダンボールについて、もっと生活の中に入れていきたいと日々考えているのです。

なぜなら、ダンボールが好きだからなのです。

こんなものがあったらいいなぁという思いを形にすることを目指しているのです。

これからも様々なアイデアが出番を待っているのです。

灯油缶ならば3缶入れる事ができるようですから、玄関から収納場所までコロコロと転がしていけばいいと思うのです。

ダンボールと言えば商品を梱包する時に使用する紙製の箱という印象がありますが、最近はおもちゃなどの製作にも利用されているのを知っているでしょうか。

片面ダンボールは、物を保護するパットとして活用されるのです。

たとえば、引越業者が家具を運ぶときに、机の脚が傷つかないようにパットを貼り付けたり、塗装業者が塗装した鉄板を重ねるときに、塗料がはがれないよう間に片面ダンボールをはさんだり・インターネットのサイトを覗いてみると、ダンボールを利用したおもちゃの作り方がたくさん掲載されているのです。

大きいものだと冷蔵庫、ガスコンロ・コンロ台、ダンボールハウス、滑り台などを作ることができる様なのです。

片面ダンボールは、外部の衝撃から守って梱包したいときや、箱には入らない形状のものを梱包するときに活用されるのです。

色紙を張ったり絵の具やペンキで色を塗ったりすれば、元がダンボールとは思えないほど立派なおもちゃになるのです。

また、ダンボールでは昔良く遊ばれていた懐かしいおもちゃを作る事ができるのです。

さまざまな商品を国内はもとより海外まで安心して配送することができるのは、この優れた包装材であるダンボールだからこそといえるようです。

コマや野球版、そして迷路などあります。

ダンボールを切って貼り付けるだけでできるこれらのおもちゃは、パパやママと子供が一緒になって作っても楽しいはなのずです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。