ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアート的アイデア

ダンボールアート的アイデア

ダンボールアートの世界 アイデア

様々なアイデアにより、さらなるコストダウンを追求してゆくことが可能になっているのです。

何てことも起こり得るようです。

ダンボールを運ぼうとした時に、中で割れ物が擦れ合う音がした時など、その時点でお客様に中を開けてもらい、このままだと荷物が破損する旨を伝えて、中を確認してもらったものとなっているのです。

大別すると一般ダンボールと特殊ダンボールに分類され、前者はお馴染みダンボール箱で、後者は耐水・撥水、鮮度保持、防錆、導電性、断熱などの効果・特性をもつものなどが存在するのです。

荷物が多い人は電話だけの見積もりではなく、実際に荷物や現場を見てもらうことが大切になっているようです。

ダンボール箱の作り方は箱の底は十字に、蓋部分は合わせ目にそって真中1本にガムテープを貼るようにしてください。

本などの紙やCDはダンボールに詰めると非常に重たくなるようです。

ダンボールは、様々なところで利用され身近で役に立っているのです。

そんなダンボール、実はリサイクル率の高い資材なのです。

国内で生産されるものだけではなく、海外からの商品の梱包に使われるダンボールもリサイクルするため、近年ではダンボールのリサイクル率は100%を超えたのです。

大きなダンボールに詰めて持とうとすると、重たくて持ち上がらないこともしばしばあるのです。

ダンボールの組み立て方ですが、普段はガムテープを使わずに、交互に組み合わせる方法で、使用している方もいるかと思うのですが、底や上を閉じる時は、必ずガムテープを使うようにしましょう。

ダンボールは使用済みの紙なのです。

ダンボールは生まれたときから既にリサイクル品となっているのです。

梱包用などに使われたダンボールは回収され、ダンボールの主原料として繰り返し利用されるのです。

こんな時にあると便利なのが、衣装ケースです。

ダンボールに荷物を詰めて、一つ梱包を完成させた瞬間は、そのダンボールに何が入っているかは、もちろんわかるようです。

キッチン用品、衣類、小物などすぐに使う物と使わない物を何個かに分けていれたのです。

使用したダンボールはまた新しいダンボールになるのです。

ダンボールの再生は約7回まで可能といわれているのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。