ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> 強度から見たダンボールアート

強度から見たダンボールアート

ダンボールアートの世界 強度

強度は、ダンボールの厚さとライナーの紙質の組み合わせで決まるのようです。

環境などを考え、リサイクル可能な片面ダンボールを、緩衝材の役割として発泡スチロールの代わりに使われることもあるようです。

ホチキスを使用しているダンボールもあるのです。

箱の底面を留めるために、大きなホチキスを使用しているダンボールもあるのです。

手や荷物を傷つけないように、注意してください。

特殊な紙を、ライナーと段の両方に使用し、片面ダンボールにしているようです。

水にぬれてもはがれないのが特徴となっているようです。

環境問題への動きは、企業の商品パッケージに大きな変革をもたらし、リサイクル可能な素材が、最近注目されるようになっているのです。

ダンボールは、昔からリサイクルシステムが整っていて、回収率は90%を超えているのです。

ダンボールのサイズは、中に入れる物の大きさや配送料金を考慮して選ぶのがポイントとなっているようです。

基本的には、使わないものから梱包を行っていくと、スムーズに荷造りを行うことができるのです。

ダンボールは生分解性をもった天然素材で製造されているようですので、万一捨てられても土中で分解され土に戻るのです。

このように地球環境に優しいダンボールは、時代が求めている素材として、これからの産業界・物流の主役と言えるようです。

入れる物のサイズにきっちり合わせたい場合は、内寸で選ぶと、ぎゅうぎゅう詰めになったり、箱が変形するようなことはないようです。

ダンボールにはしっかりと荷物を入れてくださいってお願いです。

ダンボールは丈夫で、軽くて、安い素材なのです。

軽量ながら、外部の衝撃から中のものを守る緩衝性があり、機密性もあるようですので、大切な商品を安全に保護して輸送することができるのです。

もちろん隙間だらけのダンボールがたくさんできると、いたずらに個数だけが増えて、予定していた量より荷物が増えることになり、トラックに載りきらないようです。

内容物に見合ったサイズで簡単に作れるようですので包装コストが抑えられ、使用前は折畳めますので保管場所のコスト削減などもはかれるのです。

箱としてのダンボールの強度は下記のページを良く使わせてもらいます。
ダンボール屋さんの強度計算
荷造りや仕事で使うダンボールならそれで良いのですが、 ダンボールアートとなりますと更に高度な強度計算をする必要があると思います。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。