ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートの優れもの

ダンボールアートの優れもの

ダンボールアートの世界 優れもの

ダンボールは軽量でありながら構造体としての強さと衝撃吸収性に優れているようです。

反面、限度以上の強い力が加わると段がつぶれ、構造体としての機能を十分に発揮しなくなるようですので、ダンボールの製造、包装設計にあたってはこれらの機能を十分に生かす工夫が必要になっているようです。

ダンボールは、通信販売でも入手可能となっているのです。

インターネットでダンボール 販売で検索するといろいろあるようですので、こちらを利用されるのも良いと思います。

段のほうを表にしたり、フルートと中芯の色を変えたり、印刷をすることもできるようです。

自由自在に活用でき、子供たちの発想をかきたてるので、教材として活用されているのです。

ガムテープは、はがして使うようにしましょう。

中古のダンボールには、以前使用したときのガムテープがそのまま、はりついていることが多いようです。

その上に重ねてテープを貼るとくっつかないのです。

古いテープははがして使用してください。

片面ダンボールを積み重ねることによって、強度を増すことができるようです。

大きさはもちろんのこと、強度もダンボールを選ぶ際の重要なポイントとなっているようです。

大きすぎるダンボールは使わないようにしてください。

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが入っていた大きなダンボールはなるべく使わないほうが、いいと思います。

このてのダンボールは強度が弱く大きさも引越しには向いてないのです。

ダンボール箱を詰め込む際には、いろいろな工夫の仕方というものがあるようです。

このことをあらかじめ知っておくと、引越しのときに作業がスムーズに行くようです。

汚れているダンボールもあるのです。

冷蔵・冷凍食品などが入っていたダンボールは汚れていたり、湿っていたりすることがあるのです。

また臭いがついている場合がありますので気を付けるようにしましょう。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。