ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> 種類からの視点

種類からの視点

ダンボールアートの世界 種類

ダンボールを構造する段の種類は、一般にAフルート、Bフルート、Wフルーの3種類があり、30cm当たりの段の数によって規定され、各々特性に応じて使い分けられているようです。

逆に、ダンボール箱に、あまり深く考えずに手当たり次第に詰め込んでしまうと、あるダンボール箱が異常に重くなってしまい、持ち運びの時に大変な労働を強いられる恐れがあるようです。

ですから、ダンボール箱の梱包の仕方に注意を払う必要があるようです。

ダンボールを構造する段の種類は、一般にAフルート、Bフルート、Wフルーの3種類があり、30cm当たりの段の数によって規定され、各々特性に応じて使い分けられているようです。

片面ダンボールをパットとして使われる場合は、細かいカットが必要になるようです。

シングルカッター、ロール断裁機があるようですので、お客様のご要望のサイズにカットしてご提供することができるようになっているのです。

ダンボールは、リサイクルの代表選手となっているようです。

昔から高度なリサイクルシステムが整っているため回収率は9割を超え、資源の有効活用がはかられているようです。

シートカットについては、6cmから可能になっているようですので、小さいシートや細長いシートにも対応できるようです。

ダンボールを構造する段の種類は、一般にAフルート、Bフルート、Wフルートの3種類があり、30cm当たりの段の数によって規定され、各々特性に応じて使い分けられているのです。

ダンボールは、外部の衝撃から商品を守る優れた緩衝性と内容品の紛失や異物混入を防止する機密性があるため、目的地まで商品を安全に届けることができるのです。

さまざまな色の片面ダンボールを、切ったり、ちぎったり、貼り付けるなどして、工作の材料として使われているようです。

食器や書籍、雑貨などの細かい物はダンボールに入れていただくと助かるのです。

搬出・荷台への積み込み・搬入・台車での搬送など、安全かつスムーズに作業できるのです。

また、多少の雨でしたら中身が濡れることもないのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。