ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> フルートって何?

フルートって何?

ダンボールアートの世界 フルート

上手く切れたら皮一枚のこして端からピリピリとはがすのです。

フルートと直交方向にはがす方がカンタンで、 平行方向の場合は多少はがしにくくなるのです。

ダンボールを構成するライナーと中芯原紙を貼り合せるための接着剤で現在使われているのは澱粉のりです。

ステインホール法という特殊な製法糊化するのでまが、澱粉はコーンスターチを使い、粘度安定、糊化促進、耐水性附与のために、砂、苛性ソーダ等を添加しているようです。

はがした巾が相手の厚みより短いとコーナー部分にスキマがあくので、若干長めのほうがキレイに納まるのです。

ダンボールの組み立て方ですが、普段はガムテープを使わずに、交互に組み合わせる方法で、使用している方もいるかと思うのですが、底や上を閉じる時は、必ずガムテープを使うようにしましょう。

同じ方法でフタにあたる部分を製作して接着すれば、コーナー部分の完成なのです。

この方法で作ったコーナーは、キレイですが強度は弱くなってしまうのです。

強度を上げるためには中から補強をしてやる必要があるかもしれないと思います。

地球にやさしく、家族にもやさしいダンボール家具はこれからブームになっていくかもしれないと思うのです。

ダンボールの種類は、段の種類、表裏ライナー及び中芯の組合せにより数え切れない種類が存在するようです。

道具の扱いは事故やケガのないよう十分注意しておこなうようにしましょう。

お互いに行なうようにしましょう。

ダンボールの切り口は意外とするどくて、切り口でケガをしたり、周りのものを傷つけたりするおそれがあるのです。

注意するようにしましょう。

体重をかけて使用するなどのダンボール作品の強度を超えた使用はとっても危険なのです。

また、お祝いや贈り物にも喜ばれているようです。

ダンボールに荷物を詰めて、一つ梱包を完成させた瞬間は、そのダンボールに何が入っているかは、もちろんわかるようです。

とりあえず部屋には何もなくなったので掃除機をかけたり、カーペットや敷物をはがして念入りに掃除するようにしてください。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。