ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> 制作 接着

制作 接着

ダンボールアートの世界 接着

普通の木工用ボンドが一番よく接着できるようです。

速乾性と通常のものがあるのですが、通常のもので十分なのです。

なるべくうすく均等にのばして接着するのです。

ひろげるのに爪楊枝とかあると便利なのです。

輸入輸出などで梱包箱を作成する場合Wフルートが採用されることが多いのも強度があるからです。

組み立てて中身も入れてフタをした状態の外側のサイズなのです。

外寸法より厚み分、大きくなるようです。

宅配料金を知るための目安になっているようです。

ダンボールに折り目をつける際に使用するのです。

まずはこれで型紙の上から折り筋をつけるのです。

ダンボールではそれだけだと弱いので、そのあと金尺で押さえ込むようです。

ダンボールの材質は厚い薄いに関係なく使用する原用紙によって価格もかわっていく特徴となっているようです。

薄くても材質が良いものであれば価格は厚いものよりも高くなるようです。

ダンボールを貼り合わせてコーナー部分をつくるとき、フルートの小口を見せる場合はそのまま貼りあわせればよいのですが、見せない場合にはちょっと工夫が必要になっているのです。

よく見かける一般的なダンボール箱で、天地をガムテープなどで止めて使用するようです。

最もコストパフォーマンスに優れた形状となっているようです。

小口を45度に切って貼り合わせる方法も考えられるのですが、そもそも45度に切るのがむつかしい上、接着面積に不安がのこるのでこんな方法がおすすめとなっているのです。

ダンボール材質にはライナーと中芯でいくつかの種類があり種類によって使用目的も大きくかわってくるようです。

まずKライナーと呼ばれるクラフトライナーは色々なところで使用されるもので重さが3種類存在しているようです。

貼り合わせる相手のダンボールの厚み分だけ、ウラまで刃が突き抜けないように切り込みをいれるのです。

ウラからみてスジが見えるようでは切りすぎているのです。

一気に切らずに何度もカッターを入れるようにしてください。

箱の上部は差しこみ式になるのですが、底はガムテープなどで止めるタイプと、テープ類を使用しないワンタッチ式やロック式があるのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。