ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> 片面だけのダンボールって

片面だけのダンボールって

ダンボールアートの世界 片面

片面ダンボールは柔らかく、自在に巻くことができるようですので、割れやすいものを外部の衝撃から守り、環境にも優しく大活躍しているようです。

実店舗であれば、東急ハンズにある可能性はあるのです。

支店により取り扱いは異なるようですが取り扱っているかどうか、また希望される厚みや大きさの在庫があるかどうかはあらかじめお問い合わせしていただく方が安心なのです。

ダンボールとはこの3層からなった紙を指し、ダンボール箱とは、このダンボールで作られた箱の事をいうようです。

一般的にはダンボールといえばダンボール箱のことなのです。

通常の小型のもので十分なのです。

きっと家に一本はあるのです。

できればスライド式のものよりも、ネジ式でしっかり止まるものの方が安心ですが、刃の出し入れがちょっと面倒なのです。

とにかくケガをしないように使うようにしましょうホームセンターやインターネットでも販売されているのですが、引越シーズンになると、スーパーなどの店舗を回ってダンボールをもらい歩く人を見かけるようです。

基本的には、使わないものから梱包を行っていくと、スムーズに荷造りを行うことができるようです。

キレイに切るためには、ひたすらバキバキ刃を折って使用するようにしましょう。

もう5分に一回とか、数十センチ切ったらとか、そんなレベルで。

切れなくなる前に折っておくことがとっても大事になってくるのです。

ストレスなく折るためには、ちゃんとしたカッターの刃を折る道具を揃えてもいいと思います。

入れる物のサイズにきっちり合わせたい場合は、内寸で選ぶと、ぎゅうぎゅう詰めになったり、箱が変形するようなことはないようです。

また水にぬれた状態のときは、形状記憶機能があり、段がつぶれないのも特徴となっているのです。

ステンレス製などの材質の違いや、30度刃などの刃先の違いなど、いくつか種類があるのですが、よく切れれば切れるほど余計な力が不要なのでより安全だと思うのです。

紙は白色に限定されるのです。

ダンボールの材質にはいくつか種類があるようです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。