ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートとしての活用

ダンボールアートとしての活用

ダンボールアートの世界 活用

物を保護するパットとして片面ダンボールを活用する場合は、保護する物、想定される衝撃により、どれぐらいの強度がいいかで材質を選ぶようです。

不要になったらそのままリサイクルゴミとして廃棄できるのもいいのです。

また、組み立て式の遊具にダンボールを使っているものも多くあるのです。

クッション性があり小さな子供にも安全だからなのです。

強化ダンボール紙の価格は、おおよそ1m四方の紙で約3000円弱になるようです。

インターネットでまとめ買いした方が価格的にはお得となっているようです。

よく見かけるのは表裏の紙で中央のなみなみをサンドイッチしたタイプなのです。

そのなみなみには方向があるために、結果としてダンボールには流れ目方向によるタテとヨコの区別があるのです。

強化ダンボールには2層のものと3層のものがあるようですので、用途に応じて使い分けてみるようにしてください。

小学生の夏休みの工作などでもダンボール紙は活躍すると思うのです。

片面にしか紙の貼っていない片ダンボールと呼ばれるものもあって、流れ目方向に対して平行にクルクルとまるめることができるのです。

上が流れ目に直交して切ったもの、下が流れ目に平行に切ったものなのです。

また、箱の形状ではないので、シート状、ロール状で保管することができ、省スペースで在庫にも便利なのです。

使用済みダンボールが、新しいダンボールの主原料となるようです。

手に入りやすいのは、茶色と白色のもの。

白色といっても、片面のみ白い紙が貼ってあるものが多いようです。

クラフト色はダンボール色なんて呼ばれたりもするのですが、よく見るとこのクラフト色にも微妙に色の変化があるのです。

赤っぽかったり黄色っぽかったりなのです。

ダンボールは、軽くいうえに程度な強度と衝撃を吸収することに優れているようです。

一方、必要以上の強い力や衝撃を受けると段がつぶれてしまうようです。

ダンボールは1箱1種類づついれるようにしてください。

一般的には赤みが強い方が強度のあるダンボールだったりするのですが、どっちにしても太陽に長期間当てたりするとどんどん退色していくのです。

たとえば食器なら食器だけなのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。