ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートの教育

ダンボールアートの教育

ダンボールアートの世界 教育

教育者的視点に立てば、ダンボール箱は造形遊びにも適しているのです。

切ったりつなぎ合わせたりすれば、子ども達はより魅力的な家や乗り物を工作することができるのです。

雨などの湿気にも丈夫で、強化ダンボールは主に木材梱包の代替品として使用される重量物用梱包材です。

ダンボールとは、表と裏にライナーと呼ぶ強靭な板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯という板紙を貼り合わせた厚みのある構造になっているようです。

大きさという利点から、他の子どもの作業が見え、協力して作業をするなどして、子ども同士の関わりを促進する教材となるのです。

関わりの中で子どもは様々なことを学ぶのです。

家庭や企業で利用されたダンボールの75%程度が回収され、原料として繰り返し再利用されているようです。

ダンボールの原料のほとんどが、使用済みの紙から出来ているようです。

子どもの創造性に任せてじっと見守ることも大切だが、私達大人は与えるものを与え、切り貼りや色塗を教え、自然と関わり合いが生じるような学びの場を足組し提供していく必要があるのです。

ダンボールは他の紙製品に比べて、この故紙が非常に多く含まれているようです。

利用されたダンボールは再度回収され、再びダンボールとなって使用される事が出来るようです。

ダンボールを使って作ったTシャツ折りたたみ機を使えば誰でも簡単にそしてきれいにTシャツを折りたたむことができるのです。

そしてなにより100%リサイクルが可能ということでリサイクルが厳しいと言われているドイツ包装廃棄物に関する政令に対応し、RESY-ID-No.3812を取得ししており100%リサイクル可能な地球に優しい素材となっているのです。

衣類を傷めずに済むのです。

ダンボールは湿気やすいのです。

そうでないのならダンボールを使ってもいいと思うのです。

できれば防虫剤を一緒に入れるようにしましょう。

家庭や企業で利用されたダンボールの75%程度が回収され、原料として繰り返し再利用されているのです。

何と、現在ではダンボール原料の90%以上が古紙です。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。