ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> アート的な加工

アート的な加工

ダンボールアートの世界 加工

ダンボールは今の時代に求められる循環型社会に最適なリサイクル包装材といえるのです。

こういうおもちゃを作るとき、あらかじめ設計図みたいなものは描かないのです。

家にある段ボール箱を眺めては、ここを切り開いて、これを合わせてと極力加工手間がかからないように、パズルのように考えるのです。

出来るだけ短時間で作りたいからなのです。

ダンボールは地球を決して汚すことなく、大切な資源を繰り返し使用できるというすばらしい包装材であり、国民の日常生活を支える、無くてはならないものであるといえるのです。

作り始めると、初めは興味津々で手を出してくる子供たちも、そのうち飽きて今度はかまってくれ~とせがむのがお決まりなのです。

適当に相手しながら、ぱぱっと作ってみるようにしましょう。

ダンボール家具というのは、特殊強化ダンボールという、一見普通に見えるのですが強度の高い素材を使用して作られる家具で、丈夫で、水に強く、アレルギーの心配もなく、なにより軽いというのが特徴となっているのです。

大きな箱を見るとまず子どもは中に入ってみたくなる―このことに頷く保育者は多いようです。

よく考えてみると、子どもが入りたがるのはダンボール箱だけではないのです。

洗濯物かご、玩具箱、押入れの中やクローゼットの中など、自分が入れるほどのスペースを見つけると、なぜか入りたがるのが子どもなのです。

ダンボールとは、その物ズバリで、ダンはギザギザの波型のこととなっているようです。

ボールとはボードのなまった表現と言われているのです。

耐候性・耐圧性に優れ、二層、三層構造になっているようです。

ダンボール箱にはもともとその空間と大きさ、そして子どもがごっこ遊びの演出に使用したくなるような魅力となっているのです。

ダンボールが足りない場合、大きめのビニール袋に荷物をつめることはできるようですが、あまり重いとビニールがやぶれたり、運ぶときに、上に積み重ねることができず、たくさん荷物をつめなくなってしまうようです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。