ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> お部屋をダンボールで飾ろう

お部屋をダンボールで飾ろう

ダンボールアートの世界 お部屋

お部屋にお友達が遊びに来たら、私が作ったのよって自慢してみるのもお勧めできます。

1856年イギリスで段をつけた紙で帽子の汗とり用として使われたのが、ダンボールの始まりと言われているのですが、時代のニーズに対応して、進化する段ボール箱の機能の多様化と充実ぶりは、包まれる対象を選ばないのです。

以来110余年後の1969年のデータで、アメリカでは1人当り80kgも消費される程に発展しているのです。

一瞬に組み立てることの出来る折り機能や優れた印刷技術、包装される製品の形状に合わせた複雑なカットと折り加工でガッチリ支えたり、ソフトに支えたり、また環境保全から従来の石油製品に代わって段ボールがその役割を果たすことも可能になっているようです。

日本では、終戦後アメリカの影響を受けて急激に普及され、1983年で1人当り消費量80kgと生産量においてもアメリカに次いで世界第2位となっているのです。

段ボール箱は強度の順にA段、B段、C段、E段と、箱の基本形様式でA型、B型、C型と方抜きのダイカット箱に分類するのです。

ではなぜダンボールはこれほど普及したのか、特にそれまで一般的に使用されていた木箱を駆逐したのかを考えてみると、ダンボールには次の様な特徴があり、最も合理的な包装材料として認められてきたからにほかならないのです。

輸送を主体に美粧性が強い必要か、ディスプレイ機能が欲しいか等で強度、形態、印刷面のデザイン等、目的に合った箱を造るのです。

ダンボールとは、波型に成型した中芯原紙の片面又は両面にライナーを張ったものなのです。

3種の基本形を軸に基本形式は39種、付属類8種なのです。

ここから流通機能と製品を包む形態に合わせて新しい形が生まれるのです。

現在、日本国内で生産されているダンボールは、2006年で138.6億m2になるのです。

手作りの良い所は、少しずつ作り足すことができることなのです。

子供たちが小学生くらいになったら、自分たちで、カーテンをつけたり、インテリアを作ったりできると思います。

生産されたダンボールは、使用後その約9割が回収され、再びダンボールに生まれ変わっているのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。