ダンボールアートの世界トップ >> ダンボールアートの世界 >> ダンボールアートの世界とは

ダンボールアートの世界とは

ダンボールアートの世界とは

段ボールは、1枚の厚紙でできているのではなく、両面段ボールの場合、表の紙、中芯、裏の紙の3枚の用紙でできているのです。

ダンボール、その不思議な名前とあの不思議な感触、歳を取ると共にただの箱としてしか見なくなるのですが、もう一度あの頃に立ち返って見てみると、やはりワクワクするのです。

その3枚の材質をそれぞれ変えることによって、強いものや軽いものができるのです。

また、中芯は、規格で波の高さが決まっているのです。

基本的なものは、5mmのA段、3mmのB段なのです。

子供の頃に絵を描いたり、工作したりしていたダンボールなのです。

馴染みある素材にちょっと一工夫しましょう。

ダンボールで作った雑貨はどこか温かみがあって優しい存在感なのです。

他に、A段とB段を貼り合わせた二重の5枚構造の段ボール複両面段ボールもあり、これをダブルフルートW/Fと呼んでいるのです。

附属の型紙を使って、切って張り合わせるのです。

コースターやランチョマット、パズルのピースはテーブルの上のワンポイントにしましょう。

手軽に始められる手作りインテリアなのです。

段の無い厚紙の場合は、厚いほど丈夫になり、値段と厚みは比例するのですが、 段ボールの場合、材質によっては、8mmのダブル段ボールよりも3mmのダンボールの方が強度がある場合もありえるのです。

スタンドやツリー、折って作るインテリアは出来上がりがしっかりなのです。

楽しく作って毎日使える、ちょっと機能的なシリーズなのです。

このように、それぞれの用紙によって強度が変わるため、厚いから強い、薄いから価格が安いということにはならないのです。

また、強度のあるものの方が材質が高くなるのです。

機能的でオシャレ。

箱組みして作った雑貨は、お部屋で役立ってくれること間違いナシなのです。

お友達へのプレゼントにこんな手作りを添えてみるのはいかがでしょう?

ダンボールはこの様に簡単な構造ですが、力学的に非常に優れたもので、衝撃性、耐久強度等に多くの特徴を持っているのです。

カーテン、カレンダー、フォトフレームに照明スタンドなのです。

素敵なダンボールインテリアたちは手作りしたようには見えない存在感なのです。

ダンボールアートの世界へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。